大松狙う!落合以来の“チーム30発”

[ 2008年7月15日 06:00 ]

 ロッテの大松が86年・落合(現中日監督)以来のチーム日本人30発に強い意気込みを示した。オープンスタンスをスクエアに変えた6月18日横浜戦から15試合で6本塁打19打点、打率・357と上り調子で達成可能なペース。現在チームトップの15本塁打56打点の和製大砲は「いかに失投を逃さないかが大事。自分では打点を重視しているけど、狙える場面では狙って30発いけたらいきたい」と“大台”を見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月15日のニュース