PL倒し甲子園V 取手二エース石田さん死去

[ 2008年7月15日 21:59 ]

横浜時代の石田文樹さん

 1984年の全国高校野球選手権大会優勝投手の石田文樹氏(いしだ・ふみき、プロ野球登録名・石田大也=いしだ・ともや)が15日午前1時40分、直腸がんのため横浜市保土ケ谷区の病院で死去。41歳だった。茨城県出身。

 84年の全国高校野球選手権大会に茨城・取手二のエースとして出場し、決勝で清原和博選手(オリックス)らを擁する大阪・PL学園を下し優勝した。日本石油を経て89年ドラフト5位で大洋(現横浜)に入団。プロ通算は25試合に登板、1勝0敗。94年の引退後は横浜で打撃投手を務めた。

 ▼大阪・PL学園高OBの桑田真澄氏の話 ただびっくりです。ご病気なのは聞いていました。今週お見舞いに行こうと話をしていたんです。長く打撃投手をやられていたので、現役時代にお話しすることが多かった。ご冥福をお祈りしますとしか言いようがないです。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月15日のニュース