プロ注目の“火の国”右腕は復調気配

[ 2008年7月15日 08:24 ]

 【城北4-0東海大二】熊本大会4回戦で第1シード城北のエース村方友哉投手が東海大二を6安打完封した。プロ注目の右腕は初回に2死一、三塁のピンチを切り抜けると波に乗った。3回戦の熊本戦まで不調で苦しんだが、スライダー、フォークの制球も戻った。昨夏はノーヒットノーランを記録し、今春はセンバツに出場。13年ぶりの夏の甲子園まであと3つ。準々決勝の相手は第8シードの千原台だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月15日のニュース