日本、結局下から3番目/ハーレム大会

[ 2008年7月15日 06:00 ]

 第24回ハーレム国際野球大会(オランダ)は13日、最終日を迎え、決勝で米国がキューバを4―1で破り優勝を飾った。大学生選抜の米国は予選リーグでキューバを6回無失点に封じた左腕マイナー(バンダービルト大)が6回1失点と再び好投。2本のソロ本塁打で逆転し、逃げ切った。五輪候補で編成したキューバは貧打が響いた。日本は3位決定戦で台湾に0―2で敗れて4位に終わった。

 ▼最終順位は次の通り。
 (1)米国
 (2)キューバ
 (3)台湾
 (4)日本
 (5)オランダ
 (6)オランダ領アンティル

 ≪美女からキス!中田“最高人気賞”≫日本代表の中田(亜大)が“最高人気賞”を獲得した。1メートル71、115キロの中田だが、球場に掲示された選手の写真が「アヒルのようだ」と人気を呼び、サイン応対などの態度も評価されての受賞。閉会式後には左右から美女にキスの祝福を受けた。MVPには殊勲打を連発したライアン・ジャクソン(米国)が受賞した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月15日のニュース