レイズ 緩慢守備で連勝止まる

[ 2008年7月9日 06:00 ]

 【レイズ4―7ロイヤルズ】レイズはお粗末な守備で自滅し、今季最長の連勝は7でストップした。同点の3回2死一塁で、通常の左翼から今季初めて中堅に入ったクロフォードがグロードの中前打を遊撃手に緩慢な返球。三塁手前まで走っていた一塁走者ティーエンが一気に本塁を陥れた。この日通算300盗塁を記録したクロフォードは「ぼんやりしていた」と猛省。打線も2回の無死満塁など5度の得点機を生かせず。4回の中越え二塁打で今季最長に並ぶ11試合連続安打とした岩村は「続いているものはいつかは止まる。負けた時に何かを得ないと意味がない」と前を向いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月9日のニュース