清原が1カ月半ぶりの2軍戦で1安打

[ 2008年7月9日 17:55 ]

 オリックスの清原和博内野手が9日、ウエスタン・リーグの広島戦(北神戸)に5番・指名打者で先発出場し、5月17日以来の実戦復帰となった。

 今季は左ひざ手術から復活を目指してきたが、5月に右ひじにも痛みが出て、リハビリテーションを続けていた。約1カ月半ぶりの実戦で1、2打席目は空振り三振に倒れたが、第3打席で中前打を放ち、代走が送られた。
 リハビリを担当する本屋敷コンディショニングコーチは「本人はまだまだと言っているが、だいぶスムーズに走れるようになった」と言い、右ひじについても「心配はしていない」と話した。
 10日の同カードでも3打席立つ予定で、状態に問題がなければ11日からのソフトバンク3連戦(雁の巣)に同行する見込み。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2008年7月9日のニュース