石井一エラーに泣く 白星1カ月以上なし

[ 2008年7月9日 06:00 ]

 【西武2―5ソフトバンク】粘りの投球も実らなかった。西武の先発・石井一が6回1/3を8安打4失点。同点の4回2死満塁では、中島の失策で2点を勝ち越される不運もあった。1日の日本ハム戦(札幌ドーム)では1回2/3を6失点でKOされ、翌日にブルペンでフォームを修正。これで1カ月以上白星から遠ざかっているが「少しずつ感覚は戻ってきている。あとは闘争心、向かっていく気持ち。攻撃的な投球をしないと」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月9日のニュース