4年連続20号!横浜には村田がいる

[ 2008年7月9日 23:03 ]

 【横9―7ヤ】右半身に力をためる。ぎりぎりまで体に球をひきつけて、バットを押し込む。今の日本選手の右打者で、遠くへ飛ばす技術なら随一だろう。

 横浜の村田が1回、4年連続となる20号ソロを放った。得意の右方向への一発。主砲は「(20本は)通過点。村中の真っすぐに力負けしないように踏み込んで打った」と舌も滑らかだ。
 打ち合いとなったが、横浜が6回に勝ち越し、連敗を4で止めた。7回には追加点の足掛かりとなる二塁打を放ち、計3安打と4番の働きだった。村田は「勝ちに結び付いて良かった」と安堵した。
 今季の目標として40本塁打を掲げた。例年、夏場から調子を上げるタイプなのでペースは順調だ。来週、北京五輪日本代表メンバーが発表される。代表入りに向け、いいアピールとなる一発だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月9日のニュース