広島に5割呼んだ!天谷殊勲のサヨナラ打

[ 2008年7月9日 21:53 ]

9回、サヨナラ打を放ちガッツポーズで一塁へ向かう天谷

 【広3―2中】広島がサヨナラ勝ちで、今季初の勝率5割到達。1―2の8回2死三塁で失策で同点。9回1死二塁で途中出場の天谷が中前に適時打した。5回から救援陣が無失点でつないだのが効いた。中日は4連敗で、自力優勝の可能性が消えた。

 ≪「自分で決めようと思いました~」≫サヨナラ勝ち。10度目の挑戦で、今季初の勝率5割到達だ。歓喜に沸くナインの中心にいたのは、この夜の殊勲者天谷。ひょうきん者のヒーローはお立ち台に上がると「最高です。後ろに栗原さんがいるので何とかいい形でつなごう…、とか考えず、自分で決めようと思いました」と絶叫。球場は大歓声に包まれた。
 お立ち台での言葉とは裏腹に、天谷は必死だった。デーゲームの5日、ナイターと勘違いして練習に遅刻し、7日に頭を丸めた。「どこかで気が抜けていた。もう1度初心にかえろうと」
 開幕からレギュラーに抜てきされたが、最近は打撃の調子を落とし、先発の機会も減っていた。この日も代走から途中出場し、回ってきた同点の9回1死二塁。「打撃のことを考え過ぎていた。無心で入ろうと思った」。無我夢中でスライダーをはじき返し、中前に落とした。
 24歳の天谷に代表されるように、若い力で勢いが出てきた広島。ブラウン監督は言う。「若い選手たちにエネルギーがあるし、彼らは物おじしていない」。低かった下馬評を覆し、広島がプレーオフ進出争いの台風の目になりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月9日のニュース