川島亮 今季最長7回1安打で4勝目

[ 2008年7月9日 06:00 ]

 【ヤクルト5―0横浜】4年前の新人王、ヤクルトの川島亮が、やっと輝きを取り戻した。力のある直球を軸に6回2死まで無安打。球威が落ちた7回で交代して3年ぶり完封はお預けも昨年に並ぶ4勝目だ。オフに右肩を手術し、ここまでの3勝はすべて5回で交代していただけに「ストレート系を多くしてフォークも生きた。暑くなって肩回りの動きも良くなっている。完投はこれから徐々に長い回を投げられればいい」と納得の99球、1安打無失点だった。

 「コントロールが良かった」と評価した高田監督は、期待の右腕の復調でクライマックスシリーズ争いに「厳しいのはこれからだが、今は希望がある」と手応えを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月9日のニュース