完投したかった…大竹無失点も笑顔なし

[ 2008年7月9日 06:00 ]

<広島・中日>4勝目をあげファンの声援にバンザイしてこたえる大竹

 【広島3―0中日】広島の大竹は4勝目にも笑顔はなかった。5四球と制球に苦しみ、6回終了時には足がつるアクシデントに見舞われたため、7回1死一、二塁のピンチを招いたところで降板。「悔しい。中継ぎの人に頼っているようでは…。最後まで投げ切りたかった」と険しい表情で話した。それでもブラウン監督は「気持ちは折れずに集中していた。実力をつけているのは間違いない」と成長ぶりに目を細めた。海の向こうでは、昨季までチームの大黒柱だったドジャースの黒田が1安打完封勝利を挙げた。「投げる日を新聞で見て、自分と同じ日かと思っていた。僕も励みになっている。一戦一戦を大事にしたい」。9日は勝率5割へ、10度目の挑戦だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月9日のニュース