一戸「泣きそうになった」国内最高V スピードスケート男子5000メートル五輪代表入り確実に

[ 2021年12月30日 05:30 ]

スピードスケート 北京五輪日本代表選考会 第1日 ( 2021年12月29日    長野市エムウェーブ )

男子5000メートルで国内最高記録を出し、吠える一戸(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 男子5000メートルで一戸誠太郎(25=ANA)が国内最高記録で優勝し、代表入りを確実にした。

 前半を飛ばしすぎてタイムが伸びなかった今季序盤の反省を踏まえ、今月10~12日のW杯第4戦から作戦を変更。前半を抑えて後半の減速を最小限にするレースプランで、ウイリアムソンの保持していた国内最高を1秒15更新した。

 男子は団体追い抜きの五輪出場枠を逃しており「正直、おとといまで引きずっていた。国内最高でゴールできて、感極まって泣きそうになった。率直にうれしい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月30日のニュース