×

【富士山女子駅伝】名城大が4連覇!1区・谷本から1度も首位譲らず圧勝

[ 2021年12月30日 12:21 ]

全日本大学女子選抜駅伝競走「富士山女子駅伝」 ( 2021年12月30日    静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場=7区間、43・4キロ )

4連覇となるゴールテープを切る名城大のアンカー・小林成美
Photo By スポニチ

 全日本大学女子選抜駅伝競走「富士山女子駅伝」は30日、静岡県富士宮市・富士山本宮浅間大社前から富士市・富士総合運動公園陸上競技場までの7区間、43・4キロで行われ、名城大が2時間22分24秒で4年連続10回目の優勝を飾った。2位に大東文化大、3位には日体大が入った。

 名城大は1区(4・1キロ)の谷本七星(1年)が区間賞を獲得してトップ発進すると、2区(6・8キロ)日本選手権1500メートル8位の高松智美ムセンビ(4年)が区間6位で順位をキープ。3区(3・3キロ)の井上葉南(4年)、4区(4・4キロ)の日本選手権1500メートル6位の山本有真(4年)が連続区間賞で後続との差を広げた。最長区間の5区(10・5キロ)では、主将で日本インカレ1万メートル4位の和田有菜(4年)が区間新(区間3位)の力走を見せ、6区(6・0キロ)の増渕祐香(2年)も安定した走りで1位をキープ。最終7区(8・3キロ)で、7月に1万メートルで31分22秒34の学生記録(当時)をマークし来年のオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破した小林成美(3年)も区間賞を獲得してトップでゴールテープを切った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月30日のニュース