松山 ラップで祝福され照れ笑い マスターズV以来の実戦へ入念調整

[ 2021年5月14日 05:30 ]

プロアマ戦で最終調整する松山(共同)
Photo By 共同

 米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは13日、テキサス州のTPCクレイグランチ(7468ヤード、パー72)で開幕。初制覇した4月のマスターズ以来の実戦となる松山英樹(29=LEXUS)は12日、プロアマ戦に参加してグリーンを入念に確認した。

 名物の17番パー3では音楽に合わせて選手紹介が行われ、「マスターズを制したヒデキ」「グリーンジャケットはどこに」とラップで祝福を受けた。照れ笑いで放った第1打はしっかりとグリーンオン。11日の会見では「今はゼロ以下。慌てて仕上げないと」と状態を明かしたが、ラウンド後もショット練習を行うなど調整に余念がなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月14日のニュース