楽天・三木谷氏が批判 東京五輪開催は「自殺行為」 日本政府のコロナ対応は「10点満点で2点」

[ 2021年5月15日 01:43 ]

三木谷浩史氏
Photo By スポニチ

 楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は14日放送の米CNNテレビの単独インタビューで、新型コロナウイルスの流行下、東京五輪開催は「自殺行為だ」と批判した。「世界中から人が集まる国際的なイベントを開催するのは危険だ。リスクが大きすぎる」と強調した。

 また、日本政府の新型コロナ対応については「10点満点で2点だ」とし、失敗だとの認識を示した。

 三木谷氏は今年4月、ツイッターに「僕ははっきり今年の五輪開催はあまりに、リスクが高すぎると思っており、反対です」と投稿していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月14日のニュース