陸上の橋岡優輝が日大卒業式に出席 五輪出場へ「ヨガを始めたい。動きの柔軟性にもつながる」

[ 2021年3月25日 17:37 ]

男子走り幅跳びの橋岡優輝
Photo By スポニチ

 日大の卒業式が25日、日本武道館で行われ、陸上男子走り幅跳びで19年世界選手権8位の橋岡優輝(22)と男子棒高跳びの江島雅紀(22)が出席。橋岡は「あっという間だった。すごい選手達と生活でき、かなり成長できた」と充実の4年間を振り返った。江島は「19年日本選手権で橋岡と一緒に優勝できたことが印象的だった」と笑顔を見せた。

 2人とも卒業後は東京五輪マラソン代表の中村匠吾(28)や男子50キロ競歩代表の鈴木雄介(33)選手らが在籍する富士通に入社して東京五輪出場を目指す。江島は「世界記録保持者やすごい人ばかり。やる気をもらえる良い環境だと思う」と意気込みを語っていた。卒業を機に1人暮らしを始めるという橋岡は「ヨガを始めたい。動きの柔軟さにもつながる」と新生活に期待していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月25日のニュース