賞金ランク1位の小祝さくら 2週連続Vが懸かるも平常心「いつも通りの感じでできれば」

[ 2021年3月25日 16:14 ]

前週のTポイント×ENEOSで優勝し、満開の桜の木の前で喜ぶ小祝(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフの21年第4戦となるアクサ・レディースは3月26日から3日間、宮崎県のUMKCC(6568ヤード、パー72)で行われる。開幕を前日に控えた25日に公式会見が行われ、前週のTポイント×ENEOSでシーズン3勝目を挙げた小祝さくら(22=ニトリ)は「あまり2週連続は気にせずプレーしたい。いつも通りの感じでできればなと思います」と意気込みを語った。

 今大会は小祝が制した今年初戦のダイキン・オーキッド・レディース以来の有観客で開催される。「宮崎の方はゴルフする方が多い。応援にたくさん来てくださると思うので、盛り上げるようにがんばりたい」と力を込める。一方で宮崎牛や宮崎地鶏などの名物料理が多くある宮崎県だけに「毎日食べるものおいしいので太っちゃいそうです」と笑いを誘った。

 昨年はコロナ禍で中止となったため、14位だった19年以来の今大会。この日はプロアマ戦で最終調整し、「コースの攻略は難しい。このコースは取るるところで(バーディーを)取って、しっかり守るホールで守ってメリハリつけないといけない」と警戒を口にした。今年はここまで3戦2勝と好調を維持する小祝から目が離せない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月25日のニュース