日本代表・馬場、2試合ぶりの先発出場も2得点 チームは接戦を制して4連勝

[ 2021年3月5日 19:41 ]

日本代表の馬場雄大
Photo By スポニチ

 オーストラリアリーグ(NBL)のメルボルン・ユナイテッドに所属するバスケットボール日本代表の馬場雄大(25)は、5日のNBLカップ5戦目となるニュージーランド・ブレイカーズ戦に先発出場し、14分26秒出場して2得点1スティール。チームは4連勝を飾った。

 27日のシドニー・キングス戦では途中出場だったが、2試合ぶりの先発出場となった馬場。第1クォーターは残り7分38秒でベンチに下がって無得点。第2クォーターはスタートからコートに立つも、残り6分40秒でベンチに下がった。残り2分7秒からコートに立つも前半はシュートも1本しか打たず無得点に終わった。チームは39ー39の同点で前半を折り返した。

 第3クォーターもスタートから出場。残り6分38秒でスティールから速攻のダンクシュートを決めてこの試合初得点。残り6分9秒でベンチに下がった。第4クォーターは開始からコーチに立つも残り7分4秒でベンチに下がり、その後の出場はなかった。先発出場した試合の中では最も短い出場時間となった。チームは接戦を制して87―84で勝利した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月5日のニュース