羽生が出場!フィギュア世界選手権、予定通り24日ストックホルムで開幕

[ 2021年3月5日 05:30 ]

羽生結弦
Photo By スポニチ

 国際スケート連盟(ISU)は4日、フィギュアの22年北京冬季五輪出場枠を懸けた世界選手権(24日開幕・ストックホルム)を予定通り開催すると発表した。

 男子は14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)、鍵山優真(星槎国際高横浜)、女子は紀平梨花(トヨタ自動車)、坂本花織(シスメックス)、宮原知子(関大)が選ばれており、ペアは三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)、アイスダンスは小松原美里、小松原尊組(倉敷FSC)が出場する。残りの五輪枠は9月のネーベルホルン杯(オーベルストドルフ=ドイツ)で割り振る。

 4月の世界国別対抗戦(大阪)は日本政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を解除し、選手らの隔離措置を取らない場合に開催する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月5日のニュース