松山がプロアマ戦途中棄権 大事取って第1ラウンドに向けて調整

[ 2021年3月5日 05:30 ]

松山英樹
Photo By スポニチ

 米男子ゴルフのアーノルド・パーマー招待は4日、フロリダ州のベイヒル・クラブ(7466ヤード、パー72)で開幕。3日のプロアマ戦で松山英樹(29=LEXUS)が、9ホールを終えたところで途中棄権した。

 当日はプレー前の練習場から首や肩付近を気にしており、本戦に向けて大事を取ってプレーを止めたもよう。「体の方がまだ100%ではないけど、そんな中ではうまく調整できてるのかなって感じ。上位で戦って優勝できるように頑張りたい」と2日に話しており、体調を整えて第1ラウンドに臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月5日のニュース