NBA球宴のチーム編成が決定 ウィザーズのビールは「チーム・デュラント」

[ 2021年3月5日 13:27 ]

レナードをかわしてシュートに持ち込むウィザーズのビール(AP)
Photo By AP

 NBAオールスターゲーム(7日=アトランタ)で主将を務めるレブロン・ジェームズ(36=レイカーズ)とケビン・デュラント(32=ネッツ)の2人が4日、先発確定メンバーとリザーブ選手を対象にした“ドラフト指名”を交互に行い、トップ指名権を持っていたジェームズは昨年まで2年連続で主将だったためにチームメートになれなかったヤニス・アデトクンボ(26=バックス)を選択した。

 ドラフトによって選ばれた「チーム・レブロン」の残りの先発メンバーはステフィン・カリー(32=ウォリアーズ)→ルカ・ドンチッチ(22=マーベリクス)→ニコラ・ヨキッチ(26=ナゲッツ)の3人(指名順)。得点部門1位で初めて先発メンバーとして球宴に出場するブラドリー・ビール(27=ウィザーズ)は9人中“8番目”の指名となり、カイリー・アービング(28=ネッツ)、ジョエル・エンビード(26=76ers)、この日に対戦したカワイ・レナード(29=クリッパーズ)、ジェイソン・テータム(23=セルティクス)とともに「チーム・デュラント」の中に入った。

 脚を故障しているデュラントは主将は務めるものの試合は欠場。自身のチームのトップ指名はネッツのチームメートでもあるアービングで、先発代替選手はリザーブ選手の中で最多得票だったテータムになった。

 リザーブメンバーのドラフトではデュラントから交互に指名。チーム編成は下記の通りとなった。なお最終指名選手は「チーム・レブロン」がルディー・ゴベア(28)で、「チーム・デュラント」がドノバン・ミッチェル(24)。前半戦を27勝9敗の全体トップの成績で折り返したジャズの2人が最後に名前をコールされた。

 <球宴のチーム編成=先発もリザーブも指名順>
 ▼チーム・レブロン
*レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
*ヤニス・アデトクンボ(バックス)
*ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
*ルカ・ドンチッチ(マーベリクス)
*ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)
★デイミアン・リラード(トレイルブレイザーズ)
★ベン・シモンズ(76ers)
★クリス・ポール(サンズ)
★ジェイレン・ブラウン(セルティクス)
★ポール・ジョージ(クリッパーズ)
★ドマンタス・サボニス(ペイサーズ)
★ルディー・ゴベア(ジャズ)

 ▼チーム・デュラント
*カイリー・アービング(ネッツ)
*ジョエル・エンビード(76ers)
*カワイ・レナード(クリッパーズ)
*ブラドリー・ビール(ウィザーズ)
*ジェイソン・テータム(セルティクス)
★ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)
★デビン・ブッカー(サンズ)
★ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)
★ザック・ラビーン(ブルズ)
★ジュリアス・ランドル(ニックス)
★ニコラ・ブーチェビッチ(マジック)
★ドノバン・ミッチェル(ジャズ)
 *は先発、★はリザーブメンバー。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月5日のニュース