渋野、同組の笹生と談笑「しょうもない話。足の長さ?私が勝ちました(笑)」

[ 2021年3月5日 05:30 ]

女子ゴルフツアー ダイキン・オーキッド・レディース第1日 ( 2021年3月4日    沖縄県 琉球GC=6561ヤード、パー72 )

ラウンド中、子供に笑顔で手を振る渋野日向子(左は笹生優花)=撮影・沢田明徳
Photo By スポニチ

 21年初戦が開幕し、注目の渋野日向子(22=サントリー)は3バーディー、2ボギーの1アンダー、71で回り20位で発進した。19年12月1日の最終戦ツアー選手権リコー杯以来、459日ぶりの有観客開催。渋野はプレーと笑顔でギャラリーを楽しませた。

 【渋野に聞く】
 ――第1ラウンドを振り返って。
 「朝(1番の第1打)からチーピン(左へのミス)打って、どうなるかなと思ったけど、最終的に1アンダーで回って来られて良かった」

 ――関係者のPCR検査陽性で、公式練習が中止になった3日は?
 「朝から練習に行って2時間ほど打ってホテルに戻り、あとはお昼を食べに出たくらい。昨日(夕食)は沖縄料理。酒のつまみやら、ゴーヤーチャンプルーやらいろいろ食べた」

 ――同組の笹生さんと楽しそうに話していた。どんな話を?
 「いろいろしゃべりすぎた。初めてで結構楽しみにしていた。身長の話だったり、靴が何センチかだったり、しょうもない話。足の長さ?私が勝ちました(笑い)」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月5日のニュース