上野の状態は“金メダル級”、宇津木監督「一番いい時は北京五輪だが、そういう感じ」

[ 2021年3月5日 05:30 ]

ソフトボール女子日本代表・上野由岐子
Photo By スポニチ

 ソフトボール女子日本代表の宇津木麗華監督(57)が沖縄合宿中の4日にオンライン取材に応じ、上野由岐子(38=ビックカメラ高崎)の状態を“金メダル級”と評した。

 「何年かぶりのスピード、切れがある。真っすぐに回転がかかって動く。上野の一番いい時は北京(五輪)だが、そういう感じがした」と金メダル獲得時と遜色がないと絶賛。上野は所属チームの合宿明けだったこともあり「どちらかと言うと疲労困憊(こんぱい)」と苦笑しながらも、「いい状態です」と呼応した。合宿参加中の20人は15人に絞られ、23日に五輪代表が発表される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月5日のニュース