大橋、得意種目でVも 自身の日本記録から6秒40遅れ「ぼちぼちかな」

[ 2021年1月24日 05:30 ]

競泳・北島康介杯 第2日 ( 2021年1月23日    東京辰巳国際水泳場 )

女子400メートル個人メドレー決勝、優勝した大橋悠依(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子400メートル個人メドレーは、昨年12月の日本選手権を体調不良で欠場した大橋が得意種目で自身の日本記録から6秒40遅れた。

 低調な出来に「年末年始もいい練習ができていなかったので、ぼちぼちかなというタイム」と自らを納得させるように言った。

 疲労などによる練習不足で冬場に泳ぎ込めていないことは東京五輪へ向けてマイナス材料だが、日本女子の大黒柱は「巻き返せないことはないと思う。2、3月が重要になる」と前を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース