7人制ラグビー女子日本代表・黒木 東京五輪「目標はメダル」へ新体制に自信

[ 2021年1月24日 05:30 ]

オンライン取材に応じた黒木
Photo By スポニチ

 7人制ラグビー女子日本代表の黒木理帆(立正大)がオンライン取材に応じ、開幕が半年後に迫った東京五輪へ「あると信じてやるしかない。目標はメダル。半年しかないが、できることは練習しかない」と決意を語った。

 昨年末にヘッドコーチがニュージーランド出身で元日本代表のハレ・マキリ氏に代わり、現在は熊谷市で合宿中。「今までと違う視点、意識がいかなかったところまで指導される。コミュニケーションも増えた」と新体制での手応えも感じている様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース