世界陸連会長も五輪無観客開催容認「誰もが受け入れると思う」

[ 2021年1月24日 05:30 ]

オンラインでインタビューに応じる世界陸連のセバスチャン・コー会長(共同)
Photo By 共同

 IOC委員で世界陸連のセバスチャン・コー会長が東京五輪・パラリンピックについて無観客開催を容認する姿勢を示したと英BBCなどが22日に伝えた。

 入場制限などに理解を示してきた中で「誰もが熱狂的で騒がしい観衆で満員の競技場を求めるが、もし実現する唯一の方法が無観客となれば誰もが受け入れると思う」と発言。

 また、24年のパリ、28年のロサンゼルス開催をずらして24年大会を東京で実施することは「現実的ではない」との見解を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース