琴ノ若 受け身にならず「攻めた方がいい」 強烈な右喉輪で押し倒し初の2桁勝利

[ 2021年1月24日 05:30 ]

大相撲初場所14日目 ( 2021年1月23日    両国国技館 )

豊山(左)を攻める琴ノ若(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 琴ノ若が豊山との激しい相撲を制し、幕内では初の2桁勝利を挙げた。下から突いてくる相手の攻めを懸命に押し返し、最後は強烈な右喉輪で押し倒した。

 気迫のこもった内容に「受け身になっても一緒なので、攻めた方がいいと思った。前に出られた」と納得の表情。幕内4場所目で成長した姿を披露し「残り一番も集中するだけ」と気合を入れていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース