“カツオ”松元、前日の好調維持2冠 「得意の後半で競り負けてはいられない」

[ 2021年1月24日 05:30 ]

競泳・北島康介杯 第2日 ( 2021年1月23日    東京辰巳国際水泳場 )

男子100メートル自由形決勝、優勝した松元克央(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子100メートル自由形は松元克央が48秒58で優勝。日本新記録で制した前日の200メートル自由形に続く2冠を達成した。前半の50メートルを1位で折り返し、後半も逃げ切りフィニッシュ。

 100メートルは本命種目ではないが、短距離が本職の中村、塩浦らに競り勝ち「得意の後半で競り負けてはいられないと思った」と胸を張った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース