西幕下筆頭・貴健斗「力を付けられた」 5勝目挙げて来場所の新十両確実

[ 2021年1月24日 05:30 ]

大相撲初場所14日目 ( 2021年1月23日    両国国技館 )

貴健斗
Photo By スポニチ

 西幕下筆頭で24歳の貴健斗(常盤山部屋)が5勝目を挙げ、来場所の新十両を確実にした。「時間はかかったが、いろいろなことを学んで力を付けられた。(来場所も)いい相撲を取りたい」と力強く話した。

 低く当たり、喉輪や突き、押しで相手を一気に押し出した。足がよく動き「前に出られたのが良かった」とうなずいた。同じ部屋の大関・貴景勝、関脇・隆の勝から大きな刺激をもらっているという。「部屋の関取衆は精神面が強い。見習いたい」と気合を入れた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース