朝乃山ようやく2桁勝利!千秋楽は正代と大関対決 V圏外も「自信を持って相撲を取りたい」

[ 2021年1月24日 05:30 ]

大相撲初場所14日目 ( 2021年1月23日    両国国技館 )

明生(左)を突き落としで下す朝乃山(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 結びの一番で朝乃山が意地を見せた。立ち合いで明生に右を封じられ二本差されて攻め込まれながらも逆転の突き落とし。ようやく2桁勝利に乗せたが「駄目な相撲。大関の勝ち越しは2桁以上だと思う。体が反って右差すことばかりしている」と内容を反省した。

 千秋楽は優勝の可能性を残す正代との大関対決。既に優勝圏外だが「自分の相撲を取れば白星はついてくる。自信を持って相撲を取りたい」と気持ちを高めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月24日のニュース