松山 新パター投入も苦戦「感触が全然良くなかった」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ第1日 ( 2020年10月22日    カリフォルニア州 シャーウッドCC=7073ヤード、パー72 )

第1ラウンド、11番でティーショットを放つ松山
Photo By 共同

 前年大会2位の松山は18ホール中16ホールでパーオンしながら、グリーン上で苦戦。2アンダー70という初日を「ここ2週間は悪くなかったパットの感触が全然良くなかった」と振り返った。

 今大会からマレット型の新パターを投入も、3番で1.5メートルのパーパットを決められず、7番では3パットのボギー。チャンスをつくっただけに、フラストレーションがたまる展開となったが「しっかり伸ばして週末を良い形で迎えられたら」と切り替えに努めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月24日のニュース