ベルがSP首位 2位にテネル スケートアメリカ

[ 2020年10月24日 10:16 ]

フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカ第1日 ( 2020年10月23日    ラスベガス )

SPで首位に立ったマライア・ベル(AP)
Photo By AP

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、マライア・ベル(24=米国)が76・48点で首位発進した。華やかな衣装で「Glitter in the Air & Pink」を演じ、2回転半、フリップ―トーループの連続3回転、3回転ルッツに全て成功。スピン、ステップもレベル4でそろえた。

 質の高い演技を見せたブレイディ・テネル(22=米国)が73・29点で2位。オードリー・シン(16=米国)が69・77点で3位につけた。

 コロナ禍で行われる今季のGPシリーズは各開催国の地元選手や練習拠点とする選手に出場を限定する変則開催。スケートアメリカは無観客で行われている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月24日のニュース