村上右磨 競り勝つも悔し「リンクレコードで優勝したかった」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

スピードスケート 全日本距離別選手権第1日 ( 2020年10月23日    長野市エムウエーブ )

男子500メートル優勝の村上(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子500メートルは村上が日本記録保持者の新浜に0秒19差で競り勝った。

 持ち味の前半100メートルを全体1位の9秒52で通過。最後のコーナーで膨らみ「優勝できたのは収穫だが、リンクレコードで優勝したかったので、ちょっと悔しい」と振り返った。

 新浜はスタートで出遅れ、前半100メートルは9秒75の全体6位。3連覇を逃し「追われる立場の重圧が昨季より大きい。自分らしくないレースになった」と肩を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月24日のニュース