ユニバス、学生へ薬物に注意促す 相次ぐ違法薬物問題を受け「由々しき事態」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

 大学スポーツの統括組織「大学スポーツ協会(UNIVAS=ユニバス)」は23日、相次ぐ違法薬物問題を受け、加盟大学、競技団体に学生への注意を促す文書を出した。

 大学で運動部を統括する責任者や指導者向けに実施する研修への参加も呼び掛けた。文書では現状を「由々しき事態」と指摘し、違法行為の重大さを学生が意識するように注意喚起を求めた。

 大学スポーツ界では今年に入り、日大ラグビー部や近大サッカー部、東海大硬式野球部で大麻に絡んだ問題が発覚している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月24日のニュース