英国でまた訴追…17年破産ベッカー氏、記念品隠し無罪主張 男子テニス4大大会優勝6回

[ 2020年10月24日 05:30 ]

ボリス・ベッカー氏(AP)
Photo By AP

 男子テニスで4大大会優勝6回のボリス・ベッカー氏(52=ドイツ)が17年の破産宣告を受け、資産価値がある記念品を隠したとして英国で訴追され、無罪を主張したと複数の英紙が22日に報じた。ロンドン在住の同氏は情報開示義務違反など19件で訴追されていたが、新たに9件追加。大会史上最年少の17歳で制した85年と89年のウィンブルドン、91、96年全豪オープンの優勝トロフィー、92年バルセロナ五輪ダブルス金メダルなどを隠していたという。

 昨年のオークションでは89年全仏優勝トロフィーなど同氏の記念品が総額68万ポンド(約9300万円)で落札されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月24日のニュース