世界ジュニア銀のウサチョワ首位発進 2位はシェルバコワ ロシアカップ第3戦

[ 2020年10月24日 23:39 ]

アンナ・シェルバコワは2位発進
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの「ロシアカップ」第3戦がソチで開催され、24日の女子ショートプログラム(SP)では今年の世界ジュニア選手権銀メダルのダリア・ウサチョワ(14)が78・41点で首位に立った。2回転半、3回転ルッツ、後半に組み込んだフリップ―トーループの連続3回転に成功。スピン、ステップも全て最高のレベル4でそろえた。

 昨季のロシア選手権優勝のアンナ・シェルバコワ(16)は後半のコンビネーションジャンプにミスが出て、77・47点の2位発進。左肩にテーピングを施しながらの演技となった15年世界選手権女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)は、冒頭の大技3回転半を決めて76・36点で3位につけた。

 「ロシア・カップ」は9~12月にかけて全5戦を行う国内競技会。各選手が2大会に出場し、ロシア選手権の出場権を争う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月24日のニュース