桐生 今季振り返り「良い気分でオフに入れる」 陸上国内トップ選手オンラインイベント

[ 2020年10月24日 05:30 ]

オンラインイベントに出演した(右上から時計回りに)寺田、大迫、桐生、MCの宇佐美菜穂(提供写真)
Photo By 提供写真

 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24=日本生命)ら国内トップ選手が23日、オンラインイベントに出演した。

 桐生は6年ぶりに日本選手権で優勝した今季を「優勝できたので外野からガヤガヤ言われなくなる。良い気分でオフに入れる」と振り返った。例年行っている海外合宿は現時点で未定。「国内でできる練習をしっかりやる。(来年)4、5月にシーズンインして1戦目をしっかりいきたい」と意気込みを語った。男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(29=ナイキ)は「12月ごろ1万メートルかハーフマラソンを予定しているので準備をしたい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年10月24日のニュース