押切美沙紀 3000メートルで復帰戦飾る「こみ上げてくるものがありました」

[ 2020年10月24日 05:30 ]

スピードスケート 全日本距離別選手権第1日 ( 2020年10月23日    長野市エムウエーブ )

女子3000メートルで優勝した押切(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子3000メートルは3年ぶりに出場した押切が復帰戦を優勝で飾った。

 18年2月の平昌五輪後に股関節のケガや精神面の問題から休養。一時は引退も考えたが、ナショナルチームのヨハン・コーチの助言もあり現役続行を決意した。競技から離れて心身を癒やし、今季から3シーズンぶりにナショナルチームでの活動を再開。「凄く楽しかった。支えてくれたスタッフが笑顔になってくれたことがうれしい。こみ上げてくるものがありました」と感慨深げだった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月24日のニュース