金井大旺 13秒38の大会新で決勝へ 男子110M障害予選

[ 2020年9月20日 12:15 ]

陸上 全日本実業団対抗選手権最終日 ( 2020年9月20日    埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 )

 男子110メートル障害予選は前日本記録保持者の金井大旺(24=ミズノ)が2組で13秒38(追い風1・7メートル)の大会新記録をマークして1着。

 1組に出場した現日本記録保持者の高山駿野(26=ゼンリン)は13秒68(追い風1・2メートル)で1着となり、ともに午後2時35分から行われる決勝に進出した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月20日のニュース