貴景勝、盤石の1敗キープ 藤島審判長「思った通りの相撲が取れているのでは」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

大相撲秋場所7日目 ( 2020年9月19日    両国国技館 )

豊山(手前)を押し出しで下す貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 貴景勝が豊山との激戦を制してトップを守った。押し相撲同士の激しい展開になる中、突き上げながら左のいなしで揺さぶり、もろ手がハズにかかると一気に押し込み勝負を決めた。

 7日目終了時点での1敗は、初優勝した18年九州場所以来の好成績。土俵下の藤島審判長(元大関・武双山)は「思った通りの相撲が取れているのでは」と評した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月20日のニュース