翔猿、千代大龍の隙突いた下手出し投げ「体は動けていたと思います」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

大相撲秋場所7日目 ( 2020年9月19日    両国国技館 )

千代大龍(下)を下手投げで破る翔猿(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 新入幕の翔猿が千代大龍との1敗対決を制した。立ち合いの当たりを武器にする相手に真っ向から挑み、突きながら動いて的を絞らせず、一瞬の隙を見て中に入り下手出し投げで転がした。

 快進撃を続ける小兵は「前に前に攻めていこうと思った。体は動けていたと思います」と振り返った。6勝目を挙げて貴景勝、琴勝峰と並びトップ。それでも、「まだまだ前半戦。(トップは)全然意識していない」と目の前の一番に集中していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月20日のニュース