貴景勝、栃ノ心に敗れ2敗目 1敗力士消え2敗9人の“大混戦場所”に

[ 2020年9月20日 17:53 ]

<秋場所8日目>栃ノ心(右)に叩き込みで敗れる貴景勝(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 大相撲秋場所8日目が20日、東京・両国国技館で行われた。大関・貴景勝が栃ノ心の変化で2敗目。新入幕・翔猿と幕内2場所目の琴勝峰もそろって2敗となり1敗力士が消えた。2敗が関脇・正代、先場所優勝の照ノ富士ら9人の大混戦ムードとなってきた。

 大関・朝乃山は豊山が右足首負傷で休場したため不戦勝。初日から3連敗後5連勝となり、トップの2敗勢と1差になった。

 左ふくらはぎを負傷して3日目から休場し、7日目から再出場した平幕・琴奨菊は、元横綱・朝青龍のおいの豊昇龍に寄り切りで敗れた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月20日のニュース