3・8初日大相撲春場所 来場者に感染拡大予防の協力呼びかけ

[ 2020年2月22日 05:30 ]

各界に新型コロナ流行余波

 日本相撲協会は21日、公式サイトで春場所(3月8日初日、エディオンアリーナ大阪)の来場者に向けて新型コロナウイルスの感染拡大予防の協力を呼び掛けた。

 「予定通り開催に向けて準備を進めております」と現状を説明した上で、うがいや手洗いの励行、せきやくしゃみをする際のエチケットに加え発熱や体調が優れない来場者は入場を断る場合があることなどを記した。協会は25日に予定されていた企画「赤ちゃん抱っこ撮影会」などを中止にしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月22日のニュース