「厚底」東京五輪間に合う!ナイキ最新シューズ3・1発売

[ 2020年2月22日 05:30 ]

アプリ限定で3月1日に発売するナイキ「エアズームアルファフライネクスト%」
Photo By 提供写真

 米スポーツ用品大手ナイキは21日、厚底シューズ最新モデル「エアズームアルファフライネクスト%」(税抜き3万円)を3月1日にアプリ会員限定で先行発売すると発表した。購入にはナイキが決めた設定記録を突破しなければならず、市民ランナーにとっては厚い壁が立ちはだかる。

 ナイキによると18年2月27日午後0時から今年の2月27日午後0時の期間内に、ナイキのアプリを利用してフルマラソンの距離を男子2時間50分以内、女子3時間40分以内で完走した記録があるランナーが先行販売に応募することができる。

 厚底シューズを巡っては1月31日、世界陸連が靴底の厚さは4センチ以内などの新規則を発表。4月30日以降の大会で履く靴は、4カ月以上前から市販されているものでなくてはならず、厚さ3・95センチで3月1日発売の「アルファフライ」は、8月8、9日に行われる東京五輪のマラソンで使用が可能。追随するアシックスは4月に厚底シューズを投入予定だが、他社に先駆けて新作を投入したナイキの独走は揺るぎそうもない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月22日のニュース