男子バタフライ・坂井 五輪イヤーの目標は「勝」 競泳CSへ出発

[ 2020年1月14日 05:30 ]

空港で取材に応じる坂井
Photo By スポニチ

 競泳で16年リオ五輪男子200メートルバタフライ銀メダルの坂井聖人(24=セイコー)が13日、国際水連のチャンピオンズシリーズ(CS)第1戦の中国・深セン大会(14、15日開幕)に出場するため、成田空港から出発した。

 悩まされてきた右肩痛も、リハビリ等の成果で「練習が積めている。今までよりも自信が出ているし、前の泳ぎに近付いてきた」と語った。五輪イヤーの目標は漢字一文字で「勝」。初詣で訪れた福岡・太宰府天満宮では、「五輪でメダル獲れますように」と祈願。天神様のご加護を味方に勝負の年に挑む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月14日のニュース