伊藤美誠 混合ダブルスでヒヤリ、3回戦でフルゲーム辛勝 4回戦は教訓生かし快勝

[ 2020年1月14日 20:16 ]

卓球 全日本選手権第2日 ( 2020年1月14日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

<全日本卓球選手権 混合ダブルス4回戦>ストレート勝ちで8強入りを決めた伊藤美誠と森薗政崇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 史上最多を更新する3年連続の3冠を狙う伊藤美誠(19=スターツ)が肝を冷やした。森薗政崇(24=BOBSON)と組む混合ダブルス3回戦で、中村廉・庄司有貴の社会人ペアから最初の2ゲームを11―5、11―5と簡単に取りながら反撃に遭った。フルゲームまで持ち込まれた。

 「苦しい試合を乗り越えて反省することができた」(森薗)と、続く4回戦はストレート勝ち。伊藤は「3回戦のおかげで4回戦の3ゲーム目も気を引き締めて臨めた。3回戦の3―2が良かったとはいえないが、そのおかげで落ち着いてできた」と声を弾ませた。

 2連覇中の黄金ペア。頂点に一歩近づき、森薗の声にも自然と力がこもった。「1試合1試合コンビが良くなっている実感がある。3回戦で1つ山を越えた」。今大会のために準備したピンクのペアのウエアを、準々決勝以降に投入予定。気持ちも調子も高めていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月14日のニュース