Gリーグ・ハッスルの渡辺雄太が今季初のダブルダブル チームは30点差で快勝

[ 2020年1月14日 16:11 ]

Gリーグ・ハッスルの試合に出場した渡辺雄太(AP)
Photo By スポニチ

 NBAのマイナー組織、Gリーグのメンフィス・ハッスル(グリズリーズ傘下)に所属している渡辺雄太(25)が13日に地元ミシシッピ州サイスヘブンで行われたサンタクルーズ・ウォリアーズ戦に先発出場。31分の出場でフィールドゴール(FG)を12本中6本(うち3点シュートは3本中1本)成功させて19得点をマークし、10リバウンドも記録して今季初のダブルダブルを達成した。

 試合は西地区全体2位のハッスルが122―92(前半79―36)で圧勝して18勝6敗。同1位のソルトレイクシティー・スターズ(17勝5敗=ジャズ傘下)とゲーム差はなくなった。ウォリアーズは14勝10敗。現時点では13チームが所属している西地区全体の5位となっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月14日のニュース