トランポリン森ひかる 成人式で金への“飛躍”「最高の演技で日本初のメダル獲る」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

晴れ着姿で友人の田中茂絵さん(左)、小原奈未名さん(右)と一緒にジャンプする森(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 トランポリンの19年世界選手権の女子個人で金メダルを獲得し、東京五輪の代表に決まっている森ひかる(20=金沢学院大ク)が13日、地元の東京都足立区で「成人の日の集い」に出席した。高校1年の時に都内の高校から石川県の高校に転校したが、今も強い地元愛を持つ。式中にはコメントを求められ、「五輪まで7カ月。やってきたことを全て出して、最高の演技をして日本初のメダルを獲れるように頑張ります!」と夢舞台へ意気込んだ。

 この日は中学時代からの友人・小原奈未名さん、高校時代からの友人・田中茂絵さんと成人式に参加。2人からも「メダルを獲ってほしい」とエールを送られていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月14日のニュース