渋野日向子 来月1日からサントリー所属に 宮里藍さんからサプライズの花束贈呈&金言

[ 2020年1月14日 15:50 ]

サントリーとの所属契約が決まり宮里藍さん(左)と笑顔を見せる渋野日向子(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 飲料メーカーのサントリーは14日に都内で会見を行い、2月1日から女子ゴルフの渋野日向子(21=RSK山陽放送)と所属契約を結ぶことを発表した。

 発表会見では同じくサントリーに所属する宮里藍さんから、サプライズで青いバラの花束を贈られた。SNS上での交流はあったものの、実際に対面して話をするのは初めてという2人。渋野は「私たち“黄金世代”は宮里藍さんに憧れてゴルフを始めた。同じサントリーに所属させていただくことができて、本当にありがたいです。藍さんは引退されても、憧れの存在。私も憧れる選手になれるように頑張りたいと思います」と目を輝かせた。

 米ツアー9勝を誇る宮里さんとの対談では、渋野が英語について質問する場面もあった。2021年からの米ツアー本格参戦を表明している21歳は「私が1番心配しているのが英語…。本当にどういう勉強の仕方をすればいいのか分からないんです」と悩みを打ち明けた。宮里さんは「英語は大丈夫!食事と一緒でどうにでもなるし、慣れます。笑顔とあの強気のプレーがあれば、たいていのことは乗り越えられる」とアドバイス。憧れの先輩からの言葉に「自信を持って行けそうです」と満面の笑みを浮かべていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月14日のニュース