サンダーのギルジャスアレクザンダーが初のトリプルダブル レイカーズは9連勝

[ 2020年1月14日 15:27 ]

初のトリプルダブルを達成したサンダーのギルジャスアレクザンダー(左=AP)
Photo By AP

 NBAは13日に各地で7試合を行い、西地区全体7位のサンダーは敵地ミネアポリスでティンバーウルブスを117―104(前半63―60)で下して23勝17敗。昨季のドラフトで全体11番目に指名されたシューティング・ガード、シェイ・ギルジャスアレクザンダー(21=196センチ、82キロ)が36分の出場で、20得点と20リバウンド、10アシストをマークし、自身初のトリプルダブルを達成した。

 20リバウンド以上でのトリプルダブルを21歳185日で達成したのは、シャキール・オニール(元マジック=1993年シーズン)の21歳259日を更新するNBAの史上最年少記録。同選手はデビュー以来、ここまで全122試合に出場しており、まだ一度も欠場していない。

 西地区全体首位のレイカーズは地元ロサンゼルスでキャバリアーズに128―99(前半47―48)で勝って33勝7敗。腰を痛めているアンソニー・デービス(26)は3試合連続で欠場したが、風邪で1試合休んだレブロン・ジェームズ(35)が、古巣相手に後半での21得点を含む31得点と8アシストを稼いでチームの9連勝に貢献した。

 センターのドワイト・ハワード(35)も今季自己最多の21得点と15リバウンドをマーク。レイカーズは西地区全体2位のナゲッツと同3位のジャズ(ともに27勝12敗)に5・5ゲーム差をつけた。

 <13日の結果>

ペリカンズ(15勝26敗)117―110(延長)*ピストンズ(14勝27敗)
*ペイサーズ(25勝15敗)101―95 76ers(25勝16敗)
*セルティクス(27勝11敗)113―101ブルズ(14勝27敗)
サンダー(23勝17敗)117―104*ティンバーウルブス(15勝24敗)
*レイカーズ(33勝7敗)128―99キャバリアーズ(12勝28敗)
*トレイルブレイザーズ(17勝24敗)115―112ホーネッツ(15勝28敗)
マジック(19勝21敗)114―112*キングス(15勝25敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2020年1月14日のニュース